Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

成田空港へは電車よりもバスでしょ!大崎駅発1,000円のバスは超快適

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

都内から成田空港へのアクセス

今まで自分は成田空港へはほとんど京成スカイライナーを利用していました。

片道2,470円。安くはないものの3,000円を超える成田エクスプレスよりは安く、300円ほど安く買う方法もあります。

そしてなんといっても日暮里から最短で36分のスピードも魅力的ですね。

ところが最近は格安バスが人気と聞くことが多くなりました。

リムジンバスではありません。リムジンバスは昔からある大手ですが、鉄道とあまり変わらずとても高額。

格安バスの料金は1,000円が平均。京成バスはなんと900円とか。やすっ。
(スカイライナーの料金も下げてよ京成さん。。)

しかし東京駅発はそこまで便利に感じないので傍観していたところ、なんと自宅の隣駅の大崎駅発のバスができたというではありませんか。

大崎駅から成田空港の料金は1,200円。しかも予約すると1,000円というのです。時間は75分。悪くありません。

ということで今回は大崎発、成田空港行きのウィラーエクスプレスのレポートです。結論から言うと非常に快適

スカイライナー派の自分もこれからのこちらのバスがメインになりそうな予感がします。

ウィラーエクスプレスの成田シャトルは大崎駅-成田空港

ウィラーエクスプレスは大手のバス会社

大崎駅-成田空港線を運行しているウィラーエクスプレスは今回初めて知った名前ですが、全国にバス路線がある大手のようです。

バスの車内にはディズニーランド-和歌山、山形、仙台、倉敷などの路線があることが確認できました。

地方からディズニーランド行く人って直接行って、直接帰る人も多いんですね。

それはともかくなぜ大崎発かということですが、①大きなバスターミナルがあること②首都高の五反田入り口が近いことが大きな要因かと想像します。

本当は五反田駅の方が良かったのでしょうが、路線バスで五反田駅のバスターミナルはパンパンですからね。

ウィラーエクスプレスの成田シャトルは大崎駅-成田空港線は事前予約がお得

こちらのページのWeb予約をすれば1,000円です。記入する項目がちと多いですが、クレジットカードも使えるのでマイラーの人はマイルもたまります。

出発時刻の24時間前からは予約変更不可の制約もあります。

ちなみに通常料金は1,200円です。

成田シャトルの特徴と時刻表

同Webページより引用させてもらいます。

成田シャトルは、成田空港と東京都内(品川区 大崎駅)を結ぶシャトルバス。
所要時間最短75分。早得プランでの予約で片道1,000円。LCC飛行機のご利用にも便利な早朝から深夜まで45便を毎日運行!
ウィラーエクスプレスと京成グループの共同運行で、無料Wi-Fi付、USB充電ポート付、トイレ付、寝顔が隠せるカノピー付など、快適なバスのシートタイプをご用意しています。

バス停にあった時刻表をはっておきます。

1番早いバスは5:30。遅いバスは25:00。LCCは変な時間に運行しているから便利。平時は1時間に1~2本。時刻も00分発と30分発が多いからわかりやすいですね。

大崎駅 成田シャトルの乗り場への行き方

大崎駅はまあまあ複雑で初めて行くと迷いやすい駅。

北改札口と南改札口という2つの大きな改札口がありますが、まずは南改札口を出てください。

左に行くとゲートシティ、右に行くとシンクパークですが右のシンクパーク側に進みます。

駅の南改札口からすぐの場所からでも遠目に1階にあるバスターミナルが確認できます。

突き当りを左に曲がるとTSUTAYAがあります。その手前に地下に行く階段があります。そこを降りると成田シャトルのバスターミナルが見えてきます。

なお、成田シャトルにはトイレがついていません。一度発車すると成田空港まで止まらないので注意して下さい。

トイレは大崎の駅のバスターミナルから少しだけ離れた所にあります。

ウィラーエクスプレスの成田シャトルで大崎駅から成田空港第1ターミナルに行ってみた

成田シャトルの終点は行く人がいるかどうかは不明ですが芝山町です。至る所で行き先の表記が複数あって地味にだるいですが。

成田シャトルの座席と車内の様子

座席は狭いです。飛行機のエコノミークラスよりも狭いくらい。前の空間はまあまあありますが。この狭さが今回の成田シャトルの唯一の?欠点と思いました。

ただ車内は空いています。最終的にも20人いかなかったくらいで横の席は自分が使えると思います。ちなみに日曜日の朝8時発です。

大崎-成田空港間のランドマーク、道路の様子など

8時出発でしたが、予約客が来ないという事で数分待たされます。

8時3分頃に親子連れが息を切らしながら乗り込みます。どうやら違うバスターミナルに行ってしまったようです。

すぐにバスは発車。山の手通りをしばらく通ってから右折して首都高の五反田入り口を目指します。

首都高に入ると高速とは思えないくらいのくねくねした道。スピードも出ませんがかなり間近に東京タワーを見ることができます。

そして首都高湾岸線に入るとすぐにレインボーブリッジ。右前方にお台場の景色が広がります。

このバス結構景色が楽します。

レインボーブリッジを渡ると片側3車線に。ここで少しバスはスピードを上げます。といっても時速80Kmくらい。のんびり、いや安全運転です。

京葉線に並行して走っているので東京ディズニーランドも見えるのか?と思っていたら防音壁が登場。これがかなり高く、ディズニーランドはほとんど見えませんでした。

本当は海まで見えても良いくらいの所を走っていますが、景色が見えずつまらない気持ちになりますが、とにかくバスは止まらず安定して走っていきます。渋滞もありません。

そして高速を出たと思ったら成田空港見えてきました。思っていたりかなり早く感じます。

バスは最初に第二ターミナルに到着。次に第一ターミナル。第三ターミナルという順番です。第二と第三は近かったように思うのですが、第三はLCC向けなので少し冷遇されているのでしょうか?

第一ターミナルには9:13着。8:03発だからちょうど70分です。

結構早いな。スカイライナーでも日暮里乗り換えを考えると家から70分はかかりそう。

荷物にも引き換え番号をつけてくれたので安心して受け取れました。

いやいや、成田シャトル良いじゃないですか。

一回で結論付けるのは早計かもしれませんが、成田シャトルの大崎駅→成田空港のバス度はかなり快適でした。そして安いのが何より良いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2019 All Rights Reserved.