Helpful Tips for Traveling

しげPの「東京たべある記」

タオルミーナのパノラマが素晴らしい!城塞都市「カステルモーラ」

shigeP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

城塞都市カステルモーラとは?

カステルモーラ (Castelmola) は、タオルミーナの町の背後にある標高500mを超える山の山頂付近にある小さい町。 シチリアで最も美しい町の1つと言われています。

町の名前の由来は石臼 (イタリア語: Mola) のような形をしていて、中世に築かれた城塞 (イタリア語: Castello) があるため。

わずかな岩山の上の土地に、所狭しと家が立ち並んでいます。人口は1,000人ほど。

ギリシャ時代から、敵が攻めてきた時のにタオルミーナの町の見張り台としての役割を果たしてきたとか。当時はこんな高い所に行くだけでも大変だっと思いますが、住む方も命がけだったのですね。

元々は見張り台でも平和な今となってはタオルミーナの絶景が一番楽しめる場所

ということで、タオルミーナ行くのが決まってからカステルモーラへ行くのを楽しみにしていました。

タオルミーナからは近いし、カステルモーラの町は小さいのであまり時間をかけずに気軽に楽しめますよ。

タオルミーナからカステルモーラの行き方

健脚家なら歩けない距離はではないかもしれませんが急な坂道。たいていの人はバスを使うと思います。(歩いても一時間かからないようなので、下りだけ歩きはありかも)

タオルミーナの玄関口メッシーナ門を出て正面の坂を少し降りた所にバス停があります。

【 タオルミーナからカステルモーラへバスで行くには? 】

・メッシーナ門を出て正面を少し下った所にあるinterbusのバス停から乗車

・タオルミーナのからカステルモーラの所要時間は約15分

・バスは夏季は一時間に一本くらい

・料金は片道1.9ユーロ。往復3ユーロ。(2018年8月現在)

イタリア語のfermataは英語のstop。フェルマータは音楽でも使われる言葉ですが、ここではバス停を指します。

手前の店でチケットを買うことができます。運転手から直接買うという選択肢もありますが、お釣りを持っていない事が多いのでチケットオフィスで買うほうが無難です。

ここはバス以外のツアーのチケットも扱っているようでした。

カステルモーラ行きは8:45, 9:45, 10:45 ・・という感じでおよそ1時間に一本ありました。

ただ宿泊していたホテルで聞いた時刻とは違っていた(イタリアではよくある事)し、冬は本数が減るらしいので事前に現地で確認しておくのをお勧めします。

interbusのホームページがあったので載せておきます。使いにくいのでお勧めできませんが。

また、カステルモーラへ行く手前にマドンナ・デラ・ロッカ (Madonna della Rocca) のバス停があります。写真の時刻表でも地名を確認することができます。

マドンナ・デラ・ロッカは岸壁の教会で有名な場所で、カステルモーラの帰りに立ち寄ってきたので次回に紹介したい思います。

さて水色のinterbusに乗り込みカステルモーラを目指します。

ぐるっと周って昇っていく行く感じ。途中で道が狭くなったりして運転手は技術が必要な感じでしたが、15分あまりでカステルモーラのバス停に着きました。

 

 

カステルモーラの町から展望台へ

バス停の前に広がっていた駐車スペースで写真を撮ります。まだ午前中なので海がそこまで青くないのが少し残念ですが、それでも絶景です。

人の流れに沿って登って行きます。バス停からカステルモーラの町へは数分昇る必要がありました。

こちらはサンアントニオ広場。カステルモーラの入口です。

左に曲がるとドゥオーモ(大聖堂)があるようでした。後で行ってみよう。

まずは右の方に展望台への階段があったので進んでいきます。

少し登って展望台に到着しました。

やはり高台からの長めは最高です。

雲が少し邪魔ですがエトナ山もこの通り近くに見えます。

城塞の名残も残っていました。

こんな高所の町でもフットサルのコートがある所はさすがサッカー大国イタリアという感じです。

ただよく見るとボールはすぐに下の方に落ちてしまいそうな気もしますが大丈夫なんでしょうかね?

 

 

サンアントニオ広場のカフェ「 Antico Caffè San Giorgio」

展望台から降りて、サンアントニオ広場のカフェで休憩します。

海が間近に見れる席もありましたが灼熱地獄なので、広場に面した席に座りました。

ストロベリーとレモンのグラニータを食べました。バンバーでも同じメニューを食べましたが、こちらは氷の食感が結構あります。それにしてもこの暑さとグラニータは最高に合いますね。

カステルモーラのドゥオーモへ

食べ終わってドゥオーモを見に行きます。

狭い小路ですが、この美しい感じはまさにイタリアですね。

しばらく歩くと突然視界が開けます。

予想通り小ぶりですが、思っていたよりも美しいドゥオーモでした。

白を基調にした綺麗で品の良い教会です。古さを感じません。最近改修したのでしょうか?

帰りも雰囲気のある道ばかりです。

のんびりとカステルモーラを散策してから次の目的地であるマドンナ・デラ・ロッカを目指しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.