Helpful Tips for Traveling

しげPの「東京たべある記」

要塞にそびえ立つ十字架!洞窟の教会「マドンナ・デラ・ロッカ」

shigeP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

マドンナデラロッカ (Madonna della rocca) とは?

タオルミーナの町で首を上げて西の方にある要塞に目を向けると、十字架が目に入ります。

タオルミーナの4月9日広場から見たマドンナ・デラ・ロッカの十字架

 

この十字架がマドンナ・デラ・ロッカのシンボル

岩の中にはなんとマリアを記念して建てられた小さな教会があります。

マドンナ=聖母マリア、ロッカ=rocca (伊) = rock (英) = 岩 とういことで、日本語では洞窟の聖母マリア教会などと訳されているようです。

マドンナ・デラ・ロッカはある伝説を元に建てられたとか。

[ マドンナ・デラ・ロッカの伝説 ]

昔羊飼いの少年が羊を連れている途中に嵐に遭い洞窟に避難しました。そこで突然強い閃光のなかに、青い服を着て子供を抱いている女性が見えたのです。驚いた彼はそこから慌てて逃げ出しましたが、その後その出来事が気になって両親とともに洞窟へ。するとなかの岩にひびが入っており、少年は子どもを抱いた女性の姿に気が付きました。それがマリアだったのです。(実は絵画だったのですが)。その洞窟は、マリアが現れた奇跡を記念して教会になりました。現在も壁にある絵画の跡を見ることができます。

こちらは今回の旅のバイブルとなった小澤照子さん「太陽と海とグルメの島 シチリアへ 」より引用させて頂きました。

このマドンナ・デラ・ロッカは前回紹介したカステルモーラへ行く途中にあります。

ざっくり言うとタオルミーナとカステルモーラの中間にマドンナ・デラ・ロッカがあると考えれば分かりやすいかも。

マドンナ・デラ・ロッカへの行き方

バスで行くならカステルモーラへの行き方と同じです。

乗車の際に「マドンナ・デラ・ロッカ」と一言運転手に言っておきましょう。タオルミーナから10分弱くらいです。

また、今回はマドンナ・デラ・ロッカからタオルミーナの町まで歩いて帰ったのですがたいした距離ではありませんでした。

昇りはきついですが、くねくねと昇っていく道なので山慣れしていない人でもなんとかなると思います。

【 タオルミーナの町からマドンナ・デラ・ロッカまで歩いていく方法 】

・ウンベルト一世通りから並行して1つ上の通り(Via Circonvallazione)に入口あり(黄色い看板が目印)

・所要時間約30分

黄色い看板がマドンナ・デラ・ロッカへの道の目印です。

カステルモーラからマドンナ・デラ・ロッカへ

さて、今回はタオルミーナからではなく、カステルモーラ観光を終えてからバスでマドンナ・デラ・ロッカへ向かいました。

バスは一時間に一本。日差しが猛烈に暑かったので歩くことは考えませんでしたが、歩いてもそんなに遠くない距離だと思います。

バス停からマドンナ・デラ・ロッカは要塞を上に見ながら少し昇っていきます。

途中でレストランらしき場所がありますが、営業していなかったようです。十字架がすぐそこまで見えてきました。

さて十字架と記念撮影しよう。

マドンナ・デラ・ロッカの十字架ベストショット

 

あれっ?どうやら十字架の付近の要塞は立ち入り禁止のようです。残念!

後ろを振り返ると見事なカステルモーラの景色が見えます

マドンナ・デラ・ロッカから見たカステルモーラ

 

近くで見ても「ようあんな所に街を作ったな」感が強いです。

ぐるっと周ってマドンナ・デラ・ロッカの中へ入っていきます。

 

 

マドンナ・デラ・ロッカの中に入ってみた

おおっ、岩の上に建物がある!こんな建築物あるんだ。しかし驚くのはまだ早かったです。

間違いなくここがマドンナ・デラ・ロッカのようです。

中に入ると早速ジーザス・クライストを抱えたマリア様が目に入ります。

マリア様はどこでも美しいですが、こちらのマリア様は本当に美人です。さらにキリスト様の可愛いこと。

しかし天井を見ると岩がゴロゴロ。こういう教会もあるんですね。

ただ自分が知らないだけで洞窟の教会というは世界中にあるとか。

イエスは馬小屋で生まれたと学校では習いますが、実際には洞窟で生まれたという説があるそうです。

これが伝説の元になった絵画なんでしょうか?

扉がなんともいえない重厚感を出しています。

こんなところにある教会でも、岩がむき出しでも、色を含めて全体が良い感じに調和していて美しいところはさすがイタリアです。

マドンナ・デラ・ロッカからタオルミーナへ 景色が素晴らしいすぎ!

マドンナ・デラ・ロッカからタオルミーナへ帰る方法は特に考えていなかったのですが、街へ行けそうな道がすぐに見つかったので歩いて行くことにします。

そこには結構な絶景が待っていました。

タオルミーナの街が見えます。

海が綺麗です。日差しが強いと辛いですが、海の美しさは増します。

マドンナ・デラ・ロッカから見たギリシャ劇場

 

ギリシャ劇場もこの通り。この後で昼食を食べた後に行くことになっています。

途中でこんな感じの銅像がたくさんありました。

タオルミーナの街が近づいてきます。

無事にスタートラインに到着しました。

ここからウンベルト一世通りに戻れるか少し不安でしたが、狭いタオルミーナ。適当に狭い階段を下っていくと

無事に到着しました。

ウンベルト一世通りの「4月9日広場」からもあまり離れていないところです。

 

いやぁ、マドンナ・デラ・ロッカもカステルモーラも最高でした。

今回のシチリア旅行というだけではなく、今までの旅行で一番美しい場所だったかも。

カステルモーラはバスに乗る必要がありますが、マドンナ・デラ・ロッカは歩いても行ける距離なのでタオルミーナに行った際はぜひ訪れて欲しいと思います。

教会が素晴らしいだけでなく、タオルミーナの街とカステルモーラの街の絶景を同時に楽しめますからね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.