Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

パレルモ旧市街 バッラロ市場など3市場に行ってきた! グルメも充実

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

海外では市場をブラブラするのが大好きなのですが、パレルモの市場も食材が豊富で見ているだけで飽きません。

また、市場は隠れたグルメスポットであることもありますが、今回はバッラロ市場でタコのマリネ、ブッチリア市場でライスコロッケなどイタリアのB級グルメを満喫して来ました。

巨大な市場バッラロ市場 Mercato Ballaro

バッラロ市場はパレルモ大聖堂とパレルモ中央駅の真ん中あたりにありました。

Via Vittorio Emanuele, 90040 Palermo PA, イタリア

意外と狭い道が多くて少し迷いました。たまに案内表示があります。

Mercato (メルカート) = Market = 市場です。mercatoは覚えておいたほうが良い単語ですね。

イタリアのスーパーマーケットはsupermercato だったりします。

突如市場が始まったと思ったら永遠と続いていました。1キロくらいあるそうです。

ちょっとグロテスクですが、これぞ市場です。

剣?が長いですね。メカジキでしょうか?日本にもいそうなやつですね。

そして衝撃。ムール貝が2ユーロしません。1Kg単位ですよね?安いわぁ。

旅行中もムール貝がえらく安く感じたのですが、仕入れ価格がこれでは安くできますね。

そして美味しそうなタコや魚のマリネたち。

たこかわえええ。大きすぎないところが良いです。

思わずマリネを買ってしまいました。

イタリアンパセリにレモン汁に塩というシンプルなやつですが、めちゃくちゃ美味しい!です。

なんでイタリアだと何でも美味いんだ。あっという間に平らげます。

値段は忘れちゃいましたが、3ユーロくらいだったかと。

ハロウィンの用のかぼちゃ?でけー。

これは茄子??

見慣れたもののようで、一風違う所が良いですね。

焼きチーズ?みたいなものもありました。これも食べたかったなぁ。

【バッラロ市場の営業時間】

8:00-14:00 無休

以降は開いている屋台もあるが、魚市場など飲食の屋台の多くは閉店

※パレルモの市場で日曜でもしっかり営業しているのはバッラロ市場のみです。

 

 

小さいけど屋台が充実したヴッチリア市場 Mercato della Vucciria

パレルモに到着して初めてランチ。地図を見て近かったヴッチリア市場市場に行ってみました。

Piazza S. Domenico, 90133 Palermo PA, イタリア

入り口はローマ通り(Via Roma)のサン・ドメニコ広場。

こじんまりとした市場です。14時くらいですが、もう閉めている店も多かったです。

途中で美味しそうな屋台を発見。これは見るからにライスコロッケ。

ライスコロッケと後は適当に前菜(ズッキーニ、カポナータ)や肉団子を入れます。タイの屋台もこんな感じだな。〆て10ユーロでした。

適当に座って食べていたら、テーブルは屋台とは違う管轄みたいで何か買わないと駄目な様子。

ビア モレッティを買いました。3ユーロほど。

【 ヴッチリア市場の営業時間 】

8:00-14:00 日曜は休み

マリア様のお祭りをやっていたカーポ市場 Mercato il Capo

Via Cappuccinelle, ., 90138 Palermo PA, イタリア

マッシモ劇場の裏手にあったカーポ市場。

15時くらいに行ったらだいたい閉まっていました。ただ夜に行った「Trattoria Supra I Mura」の近くだったので食後に寄ってみました。すると通りが賑やか。

楽団が行進しています。

おおっ、あれはマリア様。

何かお祭りさんでしょうね。それにしても明るい。日本の宗教行事がこんなに明るい事はありません。イタリア人は神聖な儀式も明るいお祭りに変えてしまうのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

Francesca Abbateさん(@franci.abb)がシェアした投稿

インスタで見ると、昼間のカーボ市場はこんな感じでした。

【 カーポ市場の営業時間 】

7:00-21:00

13時以降は開いている屋台もあるが、魚市場の多くは閉店。日曜祝日は13時まで。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.