Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

タオルミーナの「イゾラベッラ」でできる事と行き方を詳しく解説

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

タオルミーナのイゾラベッラとは?

イゾラベッラ Isola Bella

 

この海とつながっているような、つながっていないように見える小さな島がタオルミーナのイゾラベッラです。

isola = island, bella = beautiful なので、isola bella = beautiful island

「イゾラベッラ」を直訳すると「美しい島」

ベタな名前なのでイタリアには他にも同名の島もあるようです。

タオルミーナを舞台とした名作映画、グラン・ブルーでも頻繁に出てくるようですね。

文字通り美しいイゾラベッラですが、タオルミーナに来た観光客が真っ先に立ち寄る場所ではないでしょうか?

昼はイゾラベッラ周辺でくつろぎ、夜はウンベルト一世通りで楽しむというパターンが一般的かと思います。

【 イゾラベッラでできること 】

・素晴らしい景色を堪能

・海水浴、日光浴

・青の洞窟が見れるボートツアーに参加する

・イゾラベッラに上陸してイゾラベッラ自体を楽しむ

イゾラベッラ周辺は海が綺麗な海岸なので、泳ぐ子どもたち、ビーチマットで日焼けを楽しむ大人の姿が目に付きました。

日本の女性は日焼けをしたがらない人が多いですが、シチリア旅行をしている人は男女を問わず日焼けを楽しんでいる人が目に付きました。現地の人もこんがりと焼いています。

そして、絶対に行きたい青の洞窟ツアー。10ユーロのボートツアーで青の洞窟を間近で見ることができます。

青の洞窟ツアーについてはこちらへ!

またイゾラベッラは見て楽しむだけではなく、歩いて上陸することもできます。

足は少し濡れますが。

青の洞窟ツアーとイゾラベッラに上陸した話は次回に譲るとして、今回はタオルミーナの中心街からイゾラベッラへの行き方について説明していと思います。

タオルミーナの町からイゾラベッラへ行く方法

タオルミーナの中心街は海抜約200mくらいの場所なので、イゾラベッラへ行くにはロープウェイを使うのが一般的です。

ほとんどの人にとってロープウェイ一択と言い切って良いかもしれません。

ロープウェイ / ケーブルカー (イタリア語は funivia )

ロープウェイはタオルミーナの中心街とマッツァーロ湾 (Mazzaro’) を結んでいます。

イゾラベッラへはマッツァーロ湾から少し歩く必要があります。

【 タオルミーナの中心街とマッツァーロ湾を結ぶロープウェイ 】

・料金 : 片道 3ユーロ  1日券 10ユーロ

・15分間隔で運行
(ある程度人が集まったらまとめて数台発車するという感じ)

・運行時間は8:00 ~ 1:00 まで
(曜日・季節によって変わってくるようなので現地で確認しましょう)

【 メッシーナ門近くのロープウェイ乗り場の地図 】

ウンベルト一世通りからメッシーナ門を出て右に曲がるとすぐにロープウェイの駅が見えて来ます。

この地図ではTaormina Cable Car Top の左側にPorta Messina (メッシーナ門)が見えます。

【 マッツァーロ湾近くのロープウェイ乗り場の地図 】

地図の右下に見えるのがサンタンドレア岬。マッツァーロ湾とイゾラベッラ湾を分ける岬です。地図でGrotta Azzura と書かれているのが青の洞窟です。

バス

①市バス

バス停はメッシーナ門を下ったところにあるサン・パンクラッツォオ広場にあります。

ケーブルカーより安く、直接イゾラベッラまで行ってくれますが、本数が極端に少ないです。約1時間半~2時間に1本くらい。

しかもイゾラベッラ行きではないのでドライバーに直接行き先を言う必要があります。

②Hop-On, Hop-Off Bus Tour

観光地でよく走っている、パスを買えば乗り降り自由なバスでもイゾラベッラに行くことができます。しかし、値段が高い上に本数も少ない感じでした。

タクシー

エマヌエーレ広場の一角にタクシー乗り場があります。

イタリアは流しのタクシーはなく、タオルミーナ見つけたタクシー乗り場はここだけでした。料金も交渉制だし、初心者にはハードルが高いと思います。

徒歩

ぱっと見た感じは歩けない距離ではないと思いますが、垂直方向に上り下りする道はないようです。(あるかもしれませんが、道路は整備されていなそう)

徒歩で一番分かりやすいルートはメッシーナ門を出て、ケーブルカーの入り口を過ぎ、ずっと道路沿いに沿って歩くルートです。時間はかかりますが、景色は最高です。

滞在の最終日の朝、このルートでイゾラベッラへ行きました。

道路がくねくねで少しずつ下がっていく感じなので少しだるく感じますが、こんな感じで良いアングルでイゾラベッラの写真を撮ることができます。

朝なので海の色が薄いのが残念ですが、太陽の照り返しの強い時間に行けば、最高に綺麗な青い海の写真が撮ることができると思います。

追記 2018/9/24

地球の歩き方の「南イタリアとマルタ」編にイゾラベッラの行き方として以下のような記述がありました。ご参考に。

健脚派はビランデッロ通りの展望台Belvedereから細い脇道に入り、坂道と階段を下るとマッツァーロ海岸へ出る。

 

 

 

ケーブルカーに乗ってイゾラベッラへ

さきほど地図を載せたメッシーナ門近くのロープウェイ乗り場です。ここは二ヶ国語で書いていましたがイタリア語しかない事もあるので、Ingresso = Entry = 入口は覚えておいた方が良い単語です。

やや大きいくらいのロープウェイでしょうか?ある程度人が集まってから乗車して、数台一気にスタートしました。

地面が近いので高所恐怖症の自分でもビビることは皆無でした。

イゾラベッラへ到着

マッツァーロ湾近くのロープウェイの出口を出て、右方向に歩きます。

途中でイゾラベッラではなさそうでしたが、ビーチがあるので降りて行きます。実はここがマッツァーロ湾?と思っていたのですが、違いました。

すごく雰囲気の良い海岸でした。

今調べるとここはLido La Pigna。

海の見えるリストランテ(Ristorante del Lido La Pigna)が人気で、有料ですがビーチベッドが使えて、海の家的にシャワーも利用できるそうです。

ただこの時間(午前10時頃)には人がほとんどいなかったので、プライベートな空間かな?と思いそそくさとここを出て、再びイゾラベッラを目指します。

ここだ、間違いない。石畳の階段を降りて行くと、

やはりタオルミーナきっての名所イゾラベッラ。人であふれかえっていました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.