Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

「ノルマン宮殿 パラティーナ礼拝堂」豪華絢爛でカオス?な世界遺産

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

世界遺産 パレルモの王宮 (ノルマン宮殿)とは?

パレルモの王宮の方が正式名称でノルマン(ノルマンニ)宮殿は俗称だそうです。しかし世界遺産ではノルマン王宮になっているし色々な名前が混在してますね。

コトバンクの定義をお借りしました。

イタリア南部、シチリア島北西部の都市パレルモ(Palermo)にある宮殿。シチリア島は西ローマ帝国滅亡後に東ローマ帝国領となったが、9世紀に北アフリカから侵入したサラセン人によってイスラム王朝が築かれ、このとき、パレルモは首都となった。この宮殿は、イスラム王朝下で建設されたものである。12世紀、南イタリアにやってきたノルマン人がイスラム勢力を駆逐してルマン・シチリア王国(オートヴィル朝)を築いたが、このアラブの宮殿はノルマン王朝のルッジェーロ2世によって改築され、アラブとヨーロッパの建築様式が融合した独特の宮殿となった。天井や柱は金銀をふんだんに使用したモザイク画で装飾されている。3階のルッジェーロ王の間にある狩猟風景や植物を描いたモザイクの壁画は、一見の価値があるといわれる。なお、同宮殿はその後16世紀に修復され、ヨーロッパの各王家や総督の居城として使われた。現在はシチリア州議会の議場として使用されている。また、パラティーナ礼拝堂はこの宮殿内にある

アラブとヨーロッパの建築様式の融合という事で、パラティーナ礼拝堂など豪華ながら細部を見ると様々な様式が混在していて実に不思議な建物でした。

なお、2015年に登録された世界遺産「アラブ・ノルマン様式のパレルモと、チェファル、モンレアーレの大聖堂」の中に「ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂 Palazzo dei Normanni e Cappella Palatina」があります。
(この世界遺産の中で1番の目玉です)

パレルモの王宮の入り口は?

パレルモの王宮(ノルマン宮殿)

 

パレルモ大聖堂の少し先に王宮が見えます。横に長くて写真には収まりません。パレルモの王宮、パラティーナ礼拝堂の入り口はこの裏にあります。

知らずに正面突破?を図り入り口がなくて5分くらい右往左往しました。

ヌォーヴァ門 Porta Nuova

 

このヌォーヴァ門をくぐって左に行けば良かったのですが、王宮の左側面からぐるっと回ってなんとか入り口を見つけます。

2018年8月現在で入場料は15.5ユーロ。2,000円近くでかなり高いです。ただ少し前の情報だと半額くらいだったので値段が高騰しているのかもしれません。

パレルモの王宮入り口からマクエダの中庭

石造りの階段を歩いていくと二階から中庭が見えてきます。

マクエダの中庭

 

アーチ型の柱も良い感じです。

しかしここまでは凝っているけどシンプルな建物だなと思っていたのですが。

豪華絢爛なカオス?パラティーナ礼拝堂

パラティーナ礼拝堂

 

しかしパラティーナ礼拝堂に入ると雰囲気が一変します。豪華絢爛な金ピカなチャペルが目の前に合わられます。

しばらくは豪華やなぁと見とれていたのですが、細部を見るとなんか変です。

天井部分はアラブ様式。ムカルナスと呼ばれているものでとても手が込んでいます。その横に金ピカのキリスト様。なかなかのカオスですが確かにこれは世界遺産にふさわしい。

このあたりはキリスト風ですが足元を見ると、

アラブなんでしょうね。

いやぁ、パラティーナ礼拝堂めちゃくちゃ楽しいです。

 

 

シチリア州議会の議会場 ヘルクレスの間

三階に登ると重厚な感じのレッドカーペットが。何やここ?

ヘルクレスの間 (シチリア州議会の議会場)

 

おおっ、こちらも豪華なので色彩が渋くて良い感じです。このヘルクレスの間、ギリシャ神話の英雄ヘルクレスの名前に由来し、その物語を語るジュゼッペ・バレスコの絵が施されているとか。

これはすごいや。描くの大変だったろうな。

しかし貴族のサロンならいざ知らず、普段シチリア州議会で使われているとはね。

火、水、木は議会が開催されているため、こちらも含めパラティーナ礼拝堂以外は入場できないそうです。

しげP

その他のパレルモの王宮 写真集

エロスとアフロディーテの絵

 

裸なのに背景の色も含めて品があります。

西洋のつぼ?しかし両脇にあるのは中国ぽい?流石のシチリアでも中国は関係ないよねと思っていたのですが。

東洋の間

 

漢字あるやん。思いっきり中国ですね。本当に多様な文化が融合しているな。

パレルモの王宮 (ノルマン宮殿) の地図と営業時間

Piazza Indipendenza, 1, 90129 Palermo PA, イタリア

手元にあるパンフレットから営業時間を書いておきますが、イタリアなので行く前は要確認ですよ。

【 パレルモの王宮の地図と営業時間 】

月曜日~土曜日 8:15 ~ 17:40 (最終入場 17:00)

日曜日および祝日 8:15~13:00 (最終入場 12:15)

パラティーナ礼拝堂は日曜日及びカトリック教会関係の祝日は9:45~11:15までミサが行われるため入場できません。

王宮は火、水、木はシチリア州議会の議場として使用されているので入場できません。パラティーナ礼拝堂は入場可能です。

全部を安心してみれるのは月曜日、金曜日、土曜日の昼間という感じでしょうか?

 

パラティーナ礼拝堂はパレルモで時間はなくてもここだけは行きたいというくらいオススメです。

しげP

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2019 All Rights Reserved.