Helpful Tips for Traveling

しげPの「東京たべある記」

シンガポール最高!の海南鶏飯「ウィーナムキー(威南記)」マリーナスクエア店

shigeP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

ウィーナムキー(Wee Nam Kee Chicken Rice /威南記海南鶏飯)とは?

ウィーナムキー(威南記)はシンガポールを代表する海南鶏飯のレストランの1つ。

自分は前回2015年のシンガポールを訪問時にMRTノベナ(Novena)駅近くのユナイテッド・スクエアにある本店で食べたのが初めて。

有名店だから高いのかと思いきや、ホーカーセンター(シンガポールの屋台村) よりは少し高いくらいの価格で普通のレストランよりはだいぶ安い。

それでいて、頂いた海南鶏飯は絶品!すごく気に入りました。

さらに東京でも東京田町にウィーナムキー日本本店がオープン。

こちらはシンガポールと違って少し高級店の価格ですが、シンガポールを同様に美味しい海南鶏飯を頂く事ができます。雰囲気も最高。

田町のウィーナムキーについては姉妹ブログの「東京たべある記」に詳しく書いていますのこちらも御覧ください。

ウィーナムキーについては日本語のホームページに詳しく書かれていますが、一部を抜粋させて頂きます。

シンガポールNo.1のチキンライスブランド

シンガポーリアンが選ぶ、ローカルフードナンバー1ブランドにも選ばれた実績を持つ「Wee Nam Kee Hainanese Chicken Rice(威南記海南鶏飯/ウィーナムキー ハイナンチキンライス)は、1989年にWee Toon Ouutによって創業された家族経営で店舗を行う小さなチキンライス専門店でした。

このシンプルで伝統的な業態は、20年間の間に徐々にNanyang(南洋)スタイルを料理に取り入れ、東南アジアで多くの人に愛される海南料理を幅広く提供するレストランへと進化。

シンガポール政府が国賓をもてなすときにも「Wee Nam Kee」のチキンライスが振る舞われるなど、政府高官やシンガポールセレブリティをも魅了し、誰からも愛される人気店へと発展。その人気は世界へと広がり始めています。

シンガポール政府が国賓をもてなすときに「Wee Nam Kee」のチキンライスが振る舞われるというのがすごいですね。高級店ではないだけにそれだけ味が認められたという事でしょうか。

ウィーナムキーは東京に田町本店、銀座、中野に3店舗。シンガポールには6店舗あります。

ホームページにはSingapore outletsとして店舗の名前と住所が英語のみで書かれていますが、分かりづらいので少し自分で補足しました。

【 ウィーナムキー (威南記 / Wee Num Kee)のシンガポールの店舗 2020.03現在 】

■ユナイテッドスクエア United Square (本店 main branch) MRT ノベナ(Novena)駅徒歩数分
101 Thomson Road, #01-08, Singapore 307591

■マリーナスクエア Marina Square MRTシティホール駅から徒歩10分
6 Raffles Boulevard, #04-102b, Singapore 039594

■ユーノス Eunos (シングポスト・センター 内)
10 Eunos Road 8 Singpost Centre #B1-125, Singapore 408600

■イーシュン Yishun (ノースポイント・ショッピングセンター内)
930 Yishun Ave 2 #B1-52 Northpoint Shopping Centre, Singapore 769098

ー海南鶏飯 屋台のみ Chicken Rice Stall Onlyー
■マカンストラ・グラットンズ Makansutra Glutton’s Bay (ホーカーズ) MRTエスプラネード駅徒歩5分
8 Raffles Avenue, #01-15 Stall E, Singapore 039802

■パークウェイ パレード Parkway Parade  (パークウェイパレード ショッピングセンター内)
80 Marine Parade Road #B1-85-87 Stall 02, Singapore 449269

 

 

ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店の外観、メニュー、店内の雰囲気

ウィーナムキーのマリーナスクエア店はマリーナスクエアというショッピングセンター内あります。

○○ナビによるとマリーナスクエアの行き方は以下のように記されていました。

MRTシティホール(City Hall・NS25/EW13・ノースサウス線/イーストウエスト線)駅を下車し、地下にあるCityLink Mallを通り抜けた先にある。徒歩約5分

シティホール駅を降りてCityLink Mallはすぐに見つかりましたが、マリーナスクエアは結構遠い。

Marina Square@Singapore

 

とても5分とは思えませんでした。しかもウィーナムキーはこちらの入り口から見て1番奥深くにあるエスカレーターを上り4階にあります。駅からはどんなに早足でもウィーナムキーまで10分はかかるでしょう。

海外の主要都市にはたいてい○○ナビという日本語サイトがありますが、行き方については不正確な情報も多数。書きっぱなし?なものが多いのでチェックして随時訂正して欲しいな。

もちろんサイトの中身のたいていは役立つ情報なんですが。

さて、マリーナスクエア内で迷ったこともあり、シティホール駅から約15分かかってようやくウィーナムキーに到着。

日時は3月初旬の平日18時半頃。

MRTに乗ってやってきましたが、町中やMRTでマスクをしている人は中高年層を中心にごく少数。通りには人も多数歩いていて新型コロナウィルスの影響はあまり感じなかったのですが。

うわっ、ガラガラや。

店頭に人の姿は見えるものの、広い店内が空いてるのはすぐに分かります。こちらも行列店との情報でしたが。シンガポールに来て初めて明確なコロナの影響を感じます。

改めて中に入ってみてもやはり空いています。

店員の数の方が多かったかもしれません。店の奥の方には吊るされた鶏の姿が見えます。

さて、メニューですが、ウィーナムキーには一人様にも嬉しいお手頃なセットがあります。

ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店のメニュー

 

【 ウィーナムキー マリーナスクエア店の セットメニュー 野菜や餃子のセット 】

チキン 7ドル
手羽先のチキンライス 7.8ドル
BBQポーク 7ドル
ローストポーク 7ドル

メニューには日本語が書かれてあり、それを転載しました。

簡単に言うと肉+餃子スープ or 野菜炒め+ライスのセットです。

チキンはいわゆる海南鶏飯で普通の蒸し鶏(steamed chicken) かローストチキン(roast chicken)を選べます。

それに餃子スープ(野菜入り)かオイスターソースの野菜炒めかのどちらかを選びます。

それで7シンガポールドル(約530円)なのでコスパ抜群ですね。

自分はローストチキン+餃子スープのセットにしました。蒸し鶏も美味しいですが、ローストチキンがある店は少ないのである店はたいたいローストを選びます。

ウィーナムキー マリーナスクエア店の卓上調味料

ウィーナムキー マリーナスクエア店の卓上調味料

 

卓上には海南鶏飯でおなじみのものが並んでいます。これらの調味料がないと味がライスに味がなく食べづらい店もありますが、ウィーナムキーはしっかり味がついているので自分は調味料は使いません。

空いていることもあり、3分くらいで充実したセットが到着しました。

 

 

ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店で頂いたローストチキン+餃子スープのセット

餃子のスープを食べるのは2度目ですが、オマケ的なものではなくこのボリュームです。

ローストチキン+餃子スープのセット@ウィーナムキー マリーナスクエア店 シンガポール

ローストチキン+餃子スープのセット@ウィーナムキー マリーナスクエア店 シンガポール

 

まずはローストチキンから頂きます。

ローストチキン@ウィーナムキー マリーナスクエア店 シンガポール

 

見るからに美味しそう。丸焼きにしたものを切ったものです。

鶏はとても柔らかくそしてなんと言ってもローストした皮が美味しい!

タレはしつこさがなく鶏を旨味を引き立ててくれます。ほんのりパクチーも良い感じ。

そしてライスは鶏の旨味が染み込んでいることを示すように少し茶色っぽい色をしています。

これだけ食べても十分に美味しいです。米の炊き方にも秘伝がありそう。

そしてスープ。

餃子スープ@ウィーナムキー マリーナスクエア店 シンガポール

 

鶏ガラのスープですが、やや化調感あり。小松菜?がシャキシャキしていて美味しいです。

餃子は結構ボリュームあり。

海老の餃子と豚肉の餃子と具材もたっぷり入っています。美味しい水餃子ですね。

そしてお会計。

セットが7ドルにお手拭き代0.2ドルとGST7%で0.5ドルを7.7シンガポールドル(580円)。やはり安いわぁ。

ちなにみにGSTは”Goods & Services Tax”の略で物品サービス税。日本でいう消費税のことです。

 

 

ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店の行き方と営業時間

Marina Square, 6 Raffles Boulevard, #04-102b, Singapore 039594

MRTシティホール (City Hall)駅から10分強くらいでした。エスプラネード(Esplanade)駅も最寄り駅のようです。

【 ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店の営業時間 】

10:30~21:30

定休日 なし

ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店の感想

【 ウィーナムキー(Wee Num Kee) シンガポール・マリーナスクエア店の感想 】

・ウィーナムキーはいつでも安定して美味しい海南鶏飯を食べられることを改めて実感。普通の蒸し鶏タイプのものも美味しいが、ローストもお勧め。

・海南鶏飯とライスと餃子スープのセットが税込みで7.7シンガポールドル(580円)はホーカーセンター以外では最安値に近いのでは?コスパ最高。

・ただ店の雰囲気も店員のサービスも庶民的な店のそれだからあまり期待しない方が良いかも。

 

Wee Nam Kee Chicken Rice Marina Squareシンガポール料理 / マリーナ・エリア)

昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2020 All Rights Reserved.