Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

シチリア島 タオルミーナの最高のレストラン 5店舗を紹介 その1

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

シチリア島タオルミーナのグルメの概要

今回の旅行で最初に降り立ったタオルミーナ。シチリア島随一の人気観光スポットですが、グルメも超充実。しっかり予習をしたので全部美味しかった!

【 タオルミーナグルメの特長 】

・シチリア島ならではの海産物を使ったメニューが豊富

・中心街がとても狭いので、移動に時間があまりかからず、店を見つけやすい
(良店は少し裏路地にある)

・値段はパスタが10ユーロ前後から。内容を考えるとリーゾナブル

ウニは少し高かったですが、ムール貝が安くて美味しかった!

ポルチーニなどのきのこ類はイタリア本土と同じで少し高めでした。

それにしても、町が狭いのは店を探しやすくて良いです。無駄な移動時間がないので貴重なバカンスの時間を有効に使えますね。

シチリア旅行でとても役に立った本

 

この本はこれまで買った観光の本で一番役に立ったかもしれません。

作者の小湊さんはシチリア在住なんですが、観光もレストラン情報も正確でした。

そんなに情報が多いわけではないのですが、質が高く、そして写真が綺麗です。

この本の紹介は何れ詳しくさせていただこうと思いますが、これから紹介する5軒の店のうち、4軒はこの本に載っていた店です。

タオルミーナで訪問した5つの飲食店

1. Malvasia (マルヴァジア)
イタリアンレストラン

2. La Grotta Azzurra (ラ グロッタ アズーラ)
イタリアンレストラン

3. Bambar (バムバール)
グラニート(イタリア風かき氷)の店

4. La Piazzetta (ラ ピアッツェッタ)
イタリアンレストラン

5. Al Grappolo d’Uva (アル グラッポロ ドゥーバ)
ワインバー

3.-5. はこちらへ。

今回は Malvasia とLa Grotta Azzurra です。

Malvasia (マルヴァジア)

小湊さんの本に載っていただけでなく、ネット上でも日本人の良いレビューが目立ちタオルミーナの本命と思っていた店です。タオルミーナでの最初の外食に使いました。

宿泊したホテルからウンベルト1世通りを西に歩き、カターニャ門を出て右上の坂の中腹に店はありました。

Malvasiaの外観・内観・メニュー

タオルミーナの町はとにかく花が綺麗。

日頃、花にはあまり興味を示さない男性の私でも、個々のレストランが店頭にセンスにあふれる花を飾っていて、町を綺麗に彩っている光景に目を奪われます。

座席は当然オープンを選択します。気温は30度近くありますが、日陰になると涼しいのが地中海の気候。極めて快適です。

メニューはこんな感じ。以下の3品を頼みました。

【 Malvasiaで注文したもの 】

・Insalata Di Mare
インサラータ・ディ・マーレ(魚介のサラダ) 12ユーロ

・Linguine Al Limone
リングイーネ・アル・リモーネ (レモンのリングイーネ) 12ユーロ

・Spaghetti Alle Sarde
スパゲッティ・アッレ・サルデ (いわしのスパゲッティ) 12ユーロ

・acqua naturale
アクア・ナチュラーレ(ミネラルウォーター、炭酸なし) 3ユーロ

・Birra Messina
ビッラ・メッシーナ (メッシーナビール) 3ユーロ

Malvasiaの食事・ドリンク

まずメッシーナビールで喉を潤します。

イタリアのビールは美味しいです。

メッシーナビールは初めてでしたが、ほどよく濃くてすっきりしていて飲みやすいです。

モレッティもそうですがドイツビールの影響を受けている?と思います。自分は日本の薄いビールはまり好きではありません。

イタリアに行くと強迫観念のようにワインを飲まなきゃと思う日本人がいます。確かにイタリアワインも美味しいですが、安いワインは日本で飲むチリワインに勝てないと思います。

日本でビール党の人はイタリアでもビールを飲むことをオススメします。

Insalata Di Mare
インサラータ・ディ・マーレ(魚介のサラダ)

 

最初に魚介のサラダがやってきました。思っていたのと違います。

これはムール貝のサラダですね。さらに海老、タコ、アサリという感じでしょうか。

味はシンプルで素材の美味しさを感じます。

この時に少し「あれっ」と思ったのですが、にんにくがほとんど入っていません。実はシチリア旅行はほとんどそうでした。(日本のイタリアンがにんにく使いすぎ?)

Spaghetti Alle Sarde
スパゲッティ・アッレ・サルデ (いわしのスパゲッティ)

 

これが出発前から思い焦がれていたイワシのパスタです。

写真で見るといわしは控えめですが、ちゃんとすりつぶされています。

そして、パン粉!アンチョビ風味の独特なパン粉ですが、これとパスタの味変が最高です。

松の実など複数の実も良い具合に味変をしてくれます。

イワシが好きな人に限定されるかと思いますが、本当に最高でした。

Linguine Al Limone
リングイーネ・アル・リモーネ (レモンのリングイーネ)

 

レモンのパスタというを初めて食べましたが、いかにもレモンで有名なシチリアらしい料理ですね。

シチリアのレモンは朝食時のレモンティーやグラニートでも味わいましたが、とにかく濃厚で酸味も強いです。こちらのパスタもレモン以外の味付けは控えめで、レモンの良さが十分に出ていました。

 

Malvaiaはコペルト(パン代・テーブルチャージ?)込で48ユーロでした。

最初に注文した際に、いわしとレモンのパスタを頼んだ後でウニのパスタを強く勧められました。そんなに食べられないので”Next time.”「また次に」と行って断ったつもりがしっかり持ってきました。

説明するともちろん引っ込めてくれましたが、この店に限らずシチリアのイタリアン全体で英語の通用度はかなり低かったです。

ただこの店にはもう一度来るつもりだったのでその辺を考慮してチップは少し多めに10ユーロ払いました。(結局行きませんでしたが)

海外旅行のチップに関して不安がある方はぜひ以下の記事もお読み下さい。

Malvasiaの行き方

さいほど書いたようにウンベルト一世通りからカターニャ門を出た所すぐにあります。

観光客がいきなり行っても迷うことはないと思いでしょう。

via apolloa rcageta, 8, 98035 Taormina ME, イタリア

 

 

La Grotta Azzurra (ラ グロッタ アズーラ)

夜は小湊さんの本に載っていたGrotta Azzurraに行きました。なぜこの店を選んだかというと昼間にタオルミーナでの青の洞窟(Grotta Azzurra)に行ったからです。

Grotta Azzurraはウンベルト一世通りから少し路地を下ったところにありました。

結局滞在中はウンベルト一世通り沿いのレストランには入りませんでしたが、タオルミーナの良い店は少し路地に入った所にある感じでしょうか。

La Grotta Azzurraの外観・内観・メニュー

目の前に魚が並べられています。

一番左はウニ!です。これは食べるしかありません。

そして海老、ホタテ、魚たち! 香港など中国では水槽に入っている魚をディスプレイにしていることが多いですが、イタリア式は氷の上にのっかっているようです。

店名の通り青を基調としたテーブルと椅子が良い感じ。

メニューはイタリア語しかなかったり、

一部に英語のアシストもありますが、分かりづらい。

ウニのパスタは決まっていましたが、イタリアと言えばアクアパッツァ(魚のスープ)。

それを頼もうとしましたが、”Acqua pazza.” と何度言っても通じません。なんでや?イタリア語やろ?

“Fish soup. ” やらブイヤベースやら色々言うと「任せろ」みたい言うので仕方なく任せたら持ってきてくれたのがムール貝のトマトスープでした。

【 La Grotta Azzurraで注文した?もの 】

・Zuppa di pomodoro alle cozze  (多分)
ムール貝のトマトスープ 14ユーロ

・Linguine Ai ricci di mare
ウニのリングイーネ 18ユーロ

・Birra Moretti

モレッティビール  3ユーロ

・acqua naturale
アクア・ナチュラーレ(ミネラルウォーター、炭酸なし) 3ユーロ

La Grotta Azzurraの食事・ドリンク

今回のビールはモレッティ。これはイタリア旅行だけでなく、日本でも何度か飲んだことのあるなじみのビールです。美味しい!

Zuppa di pomodoro alle cozze
ムール貝のトマトスープ

 

そして、何が来るか不安でしたが来たのはこれ!

ムール貝のトマトスープ。ムール貝は昼間も食べたし。。と少し思いましたが、これがめちゃ美味しかった!

ムール貝と言えば、身は赤っぽい色で、良い出汁が出るけどそれ自体はあまり味がないと思っていたのですが、こちらは白い身でこれ自体が少しぷりっとしていて美味しい!

しかもムール貝らしく出汁はしっかり効いていて、スープがめちゃ美味しい。

注文がなかなか通ぜず、かなり不安でしたが結果的に災い転じて福となすで、美味しいものを食べられました。

そして本命のウニのパスタです。

Linguine Ai ricci di mare
ウニのリングイーネ

 

うん?ウニはかなり少なめのような。

こんな感じでウニは風味くらいで。後はバターたっぷりでそれなりに美味しいですが、塩分もすごく控えめでやや物足りなさを感じました。

 

支払いはコペルト込で42ユーロ。チップは普通に5ユーロほど。

La Grotta Azzurraは雰囲気もあって、ムール貝のスープが絶品でしたが、ウニパスタは少し残念。1勝1敗という感じでしょうか。

La Grotta Azzurraの行き方

とても口では説明できません。結構路地は複雑でした。

Via Bagnoli Croce, 2, 98039 Taormina ME, イタリア

しかしタオルミーナは治安が良いので路地に迷っても不安はないで安心して迷って下さい。

結局は狭いエリアなので辿り着けるはずです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







Comment

  1. こんばんは。

    シチリアでイタリア料理を満喫されたようで
    よかったです。

    イタリアといえばワインだと思っていたので、
    ビールがおいしいというのは意外でした。

    予習がすごく役に立って素晴らしい
    です。自分も見習います。

    • shigeP shigeP より:

      マネージャーK様
      イタリアのビールは美味しいですよ。乾燥している気候なのでビールが良い感じに喉を潤してくれます。

      以前は予習をしない行き当たりばったりな旅行ばかりしていました。それも面白いですが、後でブログに
      書くとなると予習していった方が楽ですね。(^^)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.