Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

シチリア島 タオルミーナの最高のレストラン 5店舗を紹介 その2

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

2018年8月にタオルミーナで訪問した5つの飲食店

1. Malvasia (マルヴァジア)
イタリアンレストラン

2. La Grotta Azzurra (ラ グロッタ アズーラ)
イタリアンレストラン

3. Bambar (バムバール)
グラニータ (イタリア風かき氷)の店

4. La Piazzetta (ラ ピアッツェッタ)
イタリアンレストラン

5. Al Grappolo d’Uva (アル グラッポロ ドゥーバ)
ワインバー

1.-2. およびタオルミーナグルメの概要は前回に紹介しました。

↓ こちらの記事もどうぞ。

今回3.-5. 「Bambar」と「La Piazzeta」と「Al Grappolo d’Uva」 です。

Bambar (バムバール)

Bambarの外観・内観・メニュー

Bambarはグラニータの有名店で、タオルミーナ随一の人気飲食店でした。

タオルミーナを行くにあたり、現地ではグラニータなるものが有名という噂を聞いていました。はてさてグラニータとは?

ウィキペディアで調べてみるとグラニテという項目に載っていました。

グラニテ (仏: Granité)は、フランス料理のコースにおいて供されるシャーベット状の氷菓である。グラニテはシチリア発祥の氷菓「グラニータ(グラニタ)」(伊: Granita)をもとにしている。

なんとなくしか分かりません。日本のガイドブックではイタリア風かき氷という言い方が一般的なようなでした。

しかし、自分が食べた感想からするとグラニータは細かい氷を含んだシャーベットと定義させてもらいます。

フルーツはかなりフレッシュな感じがあり、特にレモンは絶品でした。

Bambarの外観・内観・メニュー

タオルミーナは2017年のG7(主要国首脳会議)が開かれた場所ですが、その際、我が日本の安倍首相夫妻もBambarに立ち寄ったそうです。

そのバムバールは目の前を通るといつも混んでいました。

昼も夜もなく一日中です。すごいな。

太陽とオレンジのマークが可愛いです。

さて、3時のおやつ時といった時間にBambarに向かうとやはり大混雑です。店員に尋ねると15分待ちとのこと。

名前を告げて待ちます。並んで待つというより、目の前が小広場になっており、その辺で待ちます。

10分くらいでテーブル席に案内されました。

Bambarのグラニータ

テーブルの絵も可愛いです。

グラニータだいたい3.5ユーロくらい。有名店だから特別に高いということはありませんでした。

周囲を見ると2つ混ぜたものを食べている人が多いです。1.のLimone(リモーネ)レモンはすぐに決まりましたが、大好きなイチゴがメニューにありません。

店員を読んで”Lemon and strawbery please. ” というと注文が通り無事にツインカラーのグラニータを食べることができました。

しかし、後から分かったことですがイチゴはメニューの三番目 “Fragola” でした。ストロベリーとぜんぜん違うじゃん!わからないよ。

そして、メニューの左下の部分ですが、多分2つまでは無料で選べますよみたいなことが書いてあると思います。

イタリア語に詳しい方はコメントをお待ちしています。

イタリア在住の日本人の方から合っているとのコメントを頂きました(^^)

しげP

さて、このFragola と Limone のグラニータはめちゃくちゃ美味しいです。

最初の一口でイチゴがフレッシュで驚きます。かなりイチゴの実が含まれていると思います。

そして、底に沈んだレモンです。強烈な酸味ですが、その後に甘みが上手く口の中を丸め込んでくれます。最高です!

グラニータはその後も今回の旅で何回か食べましたが、Bambarのグラニータが一番氷を感じませんでした。フレッシュなシャーベットと考えても良いかも。

ところで周囲を見回すとブリオッシュなる丸いパンと一緒に食べている人が目に付きました。これとグラニータを食事代わりにするんだって!

 

View this post on Instagram

 

BAMBAR 🔵さん(@bambartaormina)がシェアした投稿

この右のやつです。結構大きいですよね?あまり真似する気がしませんでしたが、あまりない機会だし試した方が良かったかな?

さて、グラニータの会計は3.5ユーロ。Bambarは人気も納得の美味しさでした。

雰囲気も最高だし、タオルミーナに行くことがあったら絶対に行くべき店だと思います。

Bambarの行き方

メッシーナ門からウンベルト一世通りを少し歩いたくらいのところに、ギリシャ劇場に行く道(テアートロ・グレーコ通り)とジョバンニ通りがくっついている所があります。

左がテアートロ・グレーコ通りで右がジョバンニ通りです。

右に少しカーブしたジョバンニ通り沿いに少し進んだところにBambarはあります。

見つけやすいです。You can’t miss it!

Via Giovanni di Giovanni, 45, 98039 Taormina ME, イタリア

 

 

La Piazzetta (ラ ピアッツェッタ)

2日目の昼は、前回紹介した小湊さんの本に載っていたLa Piazzettaに行きました。

La Piazzettaはウンベルト一世通りから小さい路地を下ったところにある隠れ家一軒家という感じの店です。こちらは味も雰囲気も最高でした。

La Piazzettaの外観・内観・メニュー

2日目に入って、タオルミーナで花も空気みたいになってきていましたが、今改めて見ると本当に綺麗です。

品の良いおばあちゃんといった方が給仕してくれます。

【 La Piazzettaで注文したもの 】

・Riso Zucca-Provola
かぼちゃとチーズのリゾット 14ユーロ
(Zuccaはかぼちゃ、Provolaはモッツァレラに似たチーズ)

・Taliatelle Porcini
ポルチーニのタリアテッレ 17ユーロ

・Cassata Siciliana
カッサータ・シチリアーナ(シチリア名物のドルチェ) 6ユーロ

・acqua naturale
アクア・ナチュラーレ(ミネラルウォーター、炭酸なし) 4ユーロ

・Birra Nationale
ビッラ・ナショナーレ 5ユーロ

初日はシチリア風のものばかり頼みましたが、今回は普通のイタリアンを頼みました。早くも米が食べたくなるところは日本人です。

雰囲気の良い分、お値段は少し高めでした。

La Piazzettaの食事・ドリンク

これは初めて飲むビールでした。上部にシチリアの三本足があるのでシチリアビールだと思いますが。少し濃厚な感じのビールでした。

Riso Zucca-Provola
かぼちゃとチーズのリゾット

 

そしてかぼちゃのリゾット。これが絶品でした。

本来そこまでかぼちゃ好きではないのですが、Provolaなるチーズとの相性が抜群です。

さらにチーズをかけます。リゾットの米は少し固めで、よく噛んで味わいながら頂きます。かぼちゃは皮も使っているのがほんのり苦いですが、それがまた美味しいです。

Taliatelle Porcini
ポルチーニのタリアテッレ

 

そして、イタリアに行くと必ず、日本でもあると頼んでしまう大好きなポルチーチのパスタ。タリアテッレがかなり太いです。

ポルチーニがとても新鮮に感じます。魚介類でもないのになにかピチピチしているというか、コリコリの食感がたまりません。ポルチーニは乾燥したものを使っているはずでが何か秘密があるのかな?

Cassata Siciliana
カッサータ・シチリアーナ(シチリア名物のドルチェ)

 

オレンジがいかにもシチリア風。美味しいケーキでした。ただかなり甘いです。

La Piazzetta はどの食事も絶品でした。前日も当たりの店ばかりでしたが、タオルミーナのレストランでの総合的満足度はLa Piazzetta が一番だったかも。

会計はコペルト代込で51ユーロ。

おばあちゃんの対応が素晴らしかったため10ユーロほどチップを渡しました。

しかし、このおばあちゃんもほとんど英語を話しませんでした。それでも温かみのあるコミュニケーションを取れるのですね。

La Piazzettaの行き方

ウンベルト一世通りから1つ下の路地にあります。

ウンベルト一世通りのカターニャ門から近い方にこんな看板があります。右奥下に緑が見えるところがLa Piazzettaです。

Vico Paladini, 5, 98039 Taormina ME, イタリア

 

 

Al Grappolo d’Uva (アル グラッポロ ドゥーバ)

最終日の夜はそこまでお腹が減っていなかったこともあり、ワインバーに行きました。今までビールばかりでワインを飲んでいなかったし。

こちらはネットで探した店ですが、場所がかなり分かりづらかったです。

Al Grappolo d’Uvaの外観・内観・メニュー

今見るとめっちゃ渋いですが、タオルミーナだと風景に溶け込んでしまい、そこまで目立ちません。

店内の照明は薄暗いですが、ドアを開けたままなのでオープンのような開放感があります。

ワインはだいたい5ユーロなようです。

Al Grappolo d’Uvaの食事・ドリンク

今回の旅はじめてのシチリアワインです。

一口目はフルーティに感じますが、フルーティさは続かず全体的にはあっさりした感じです。個人的にはもう少しフルーティな方が好きかも。

リング状のものに加え森永の「おっとっと」のようなものが混ざったおつまみです。このおっとっとが結構イケます。

という事で、ワインバーに来たのに結局二杯目はまたビールにしました。汗。

でもこのメッシーナビルは本当に美味しいです。

Al Grappolo d’Uvaの行き方

さんざん迷いました。行く途中で人のいない路地もあり、治安の良いタオルミーナでも少しだけ不安になりました。

前日行った、La Grotta Azzurra (ラ グロッタ アズーラ) は近くでしたけど。

Vico di Via Bagnoli Croce, 6, 98039 Taormina ME, イタリア

 

というわけで2回にわたりタオルミーナのグルメを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

イタリアに行く楽しみはなんといってもグルメだと思うのですが、美味しいイタリアの中でもタオルミーナのグルメはかなりレベルがたかったと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







Comment

  1. アバター winekaz より:

    タオルミナのレストランでは、Granducaのカルボナーラが美味しかったな。眺めもいいし。日本人が行ってもっとも安心なレストランです。

    • shigeP shigeP より:

      コメントありがとうございます。

      タオルミーナのレストランはどこで食べても外れがない感じですね。再訪できるか分かりませんが、再訪できたらそちらにも行ってみたいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2018 All Rights Reserved.