Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

【機内食はイマイチ】ANA NH852便 台北松山-羽田 エコノミークラス搭乗記

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)

行きに那覇 → 台北でハローキティジェットに乗った記事はこちらへどうぞ。

また前年も同じくNH852便に乗りました。前年の記事はこちらにあります。

NH852便 東京羽田-台北松山の概略

【 NH852便の概略 】

・13:30 台北松山発 17:30 東京羽田 着

・所要時間 3時間0分 毎日 運行

・機体 ボーイング 787-8 ドリームライナー

・コードシェアはエバー航空2176便

台北松山空港の様子

台北の第二空港 松山空港は何時間前に来れば良い?

国際線に搭乗するには2時間前には空港にいなければならないというのが国際的な?目安です。

ただ国によっては出国検査が厳しかったり、検査が効率的でなかったりで3時間前に行った方が良いという国も。

しかしここ台北松山空港は1時間でも十分に間に合うと言われています。

理由は松山空港は台北のメイン空港ではなく、第二空港であること。元々国内線専用だったそうです。なので国際線の本数が少ないので乗客も少なく出国検査はスムーズに進みます。検査も効率的に行われます。

ということで、自分も今回は75分前ほど前に到着しましたが。出国検査もすぐに済み時間を持て余すほどでした。

松山空港にプライオリティ・パスで使えるラウンジはなし

松山空港は都市部にある空港。MRTで行けるためアクセスは極めて良いです。今回も空港まで20分ほどしかかかりませんでした。

都市部にあって、入国審査も短くて済む。良い事ずくめのようですが、松山空港にも問題があります。

2019年12月現在、松山空港にプライオリティ・パスで入れるラウンジはありません。小さな空港あるあるですね。

メイン空港で桃園国際空港には各ターミナルに「プラザプレミアムラウンジ」「THE MORE Business Center」など複数使えるラウンジがあるようですが。

また入国審査後に入りたくなるようなカフェもありませんでした。せめてスタバくらい作ってくれないかな。

 

 

NH852便の当日の時間経過と機内設備

当日の時間経過

当日のおおよその時間経過を記しておきます。

【 NH852便 台北松山-羽田のおおよその時間経過 】

13:15 搭乗予定時刻
13:25 実際に搭乗が開始される
13:45 飛行機が動き出す
14:15 客室乗務員が食事を配り出す
14:50 食事を片付けお茶が配られる
15:30 あと30分で到着するという案内
16:05 羽田空港へ着陸 (日本時間17:05 以下日本時間)
17:25 入国手続き終わり
17:41 荷物を受け取り

機内の設備

ANAの国際便なのでもちろんディスプレイがありました。

ただ、今回の旅行、マイルの特典旅行を利用。国内を経由しても刻んでも必要なマイル数は変わらないことを知ったので羽田→那覇→台北というルートで来ました。

羽田→那覇はANAの国内線でディスプレイはなし。那覇→台北のエバー航空の国際線ですが短距離のためかディスプレイはなく少し新鮮な気分。

USBの端子もありました。

「歌舞伎」をテーマにした機内安全ビデオも始めてみた時はインパクトがありましたが、少し慣れてきました。

欧米路線ではやたらに気にあるフライト状況も台北路線だとほとんど見ることがありません。今回も正味の飛行時間は2時間20分ほどであっという間でした。

 

 

NH852便の機内食

メニューはこんな感じです。「白身魚がお勧めです」とCAさんは言っていました。いつも素直にお勧めに従うことが多いのですが、今回は豚生姜焼きに。ドリンクはプレミアムモルツを注文しました。

生姜焼きとのことですが、生姜をほとんど感じません。肉もそんなに美味しくないなぁ。

またブロッコリーがすごく熱く猫舌でない自分でも食べにくかった。

鴨は美味しいのですがマカロニが柔らかすぎ。バーベキューソースも違和感があります。

春雨サラダはきゅうりがコリコリでまずまず。

ここまでは少し残念な内容でしたが、フルーツが美味しい。

メロンまでしっかり甘いです。

そしてプレミアムモルツ。飛行機としては考えられないくらいにキンキンに冷えてていました。

更に後から頼んだコーンスープ。

これは美味しいです。

食事はANAにしては残念なレベルですが、フルーツ、ビール、スープで帳尻合わせをした感じでしょうか?

未だに詳しいことは分かっていませんが、ANAは日本発の飛行機の方が食事は全然美味しいと思います。日本で食事を準備できるからでしょうか?

ただ台湾は町で何を食べても美味しい国。もっと良い機内食を準備できるはず。今後に期待します。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行が大好きなしげPです。特にアジアとヨーロッパが好き。イギリス留学経験あり(英検1級 TOEIC950)。ANAマイラー。メインブログが「東京たべある記」なので海外旅行でもグルメにはとことんこだわります。2019年、突如以前はほとんどしなかった国内旅行をするようになりブログのタイトルが危ぶまれています(笑)







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2020 All Rights Reserved.