Helpful Tips for Traveling

旧ブログ「しげP海外旅行記」へ

「ホテルニッコー大連」インターメッツォ 和洋中の豪華朝食ビュッフェ

shigeP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。

「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェ インターメッツォ(Intermezzo) ネット上の評判は良かったが。。

「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェは和洋中が揃っていて豪華で美味しい。

ネット上で大連に関する情報は極端に少ない中、「ホテルニッコー大連」に関する情報はそこそこあり、中でも朝食ビュッフェを称賛するコメントが目立ちました。

これが決め手になり、今回宿泊するホテルを「ホテルニッコー大連」に選びました。土地勘のない場所で日系ホテルという安心も大きな要素でしたが。

さて、今回の大連旅行は2泊3日で都合2日間「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェを経験したのですが、期待値が高かったせいかイマイチに感じた点も多々ありました。

確かに料理の品揃えはものすごく多いですが、「これはすごく美味しい!」といったものはなく、味噌汁などイマイチなものも多かった。

サービスは、最初の着席時になかなかスタッフが捕まらない反面、食事を取りに行った最中に片付けられるなどちぐはぐ。

日系ホテルなどので調理実演の人が単語レベルの日本語くらいは理解するかと思いきや通じない。単語レベルの英語が通じましたが。

言語以外の点でも鉄板焼き担当の人もラーメン担当の人もムスッとした感じでフレンドリーな対応とは程遠い感でした。

「ホテルニッコー大連」インターメッツォの外観、店内の様子

「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェ会場は2階にある「インターメッツォ(INTERMEZZO)」という名前のレストラン。

かなり広いレストランでした。

陽がよい感じに入ってきて、外の景色も見え開放感があります。

1日目は日曜日で客が多かったこともあり着席するとすぐにお茶の注文を取りに来てくれましたが、2日目は月曜日で客が少ないせい?でスタッフがなかなか来てくれません。

スタッフはいるにはいるのですが、なかなか気づいてくれません。結局自分で席を離れてスタッフに近寄り、座る場所を意思表示しました。

客は明らかに中国人よりも日本人の方が多い。ただビジネスマン風の人は少なくツアー客と思しき集団が中心でした。

「ホテルニッコー大連」のインターメッツォの朝食ビュッフェの内容

サラダ

サラダは種類もそこそこでドレッシングも豊富。食べて問題ないと思います。自分も美味しくいただきました。

ただ海外旅行でサラダを食べる時は、実際はミネラルウォーターを飲むにことになるとしても現地の水が飲めるレベルかをどうか確認しておいた方が良いと思います。

タイは全く水道水が飲めないレベルの国ですがそういう国でサラダなど生のものを食べるとお腹を壊すことがあります。野菜を洗った水の僅かな残り水でやられちゃうのですね。(経験あり)

そういう国では現地の人は絶対に生で野菜を食べません。中国でも生で野菜を食べる習慣はありません。炒めた野菜は別にあるのでそちらを食べたほうが無難です。

和食

焼魚がどーんとあると日本人なら嬉しくなります。

豆腐に温泉卵までありました。

品揃えは問題なく、豆腐が美味しかったですが、味噌汁が出汁が効いおらず美味しくなかったのはマイナスです。

洋食

パンやハムなど種類も豊富。自分でパンを焼くこともできます。

中華

こちらは食べませんでしたが点心の種類が豊富でした。

おかずも種類が豊富。

お粥もありましたが、大連の人が日常で食べる米はインディカ米ではなく、日本人と同じような米と聞いていたのでパスしました。

お粥は完全にトロトロになるインディカ米を使った香港(広東)粥の方が美味しいです。

 

 

鉄板焼きやラーメンの実演調理

そしてネット上で評判の良かった実演調理。

実際に食べた感じは普通でした。

ちなみに、指差すと調理していくれますが、ただ”Five minutes.” と言われます。

「5分後に来い」あるいは「5分待て」ということでしょうが、もう少し丁寧な言い方ないのかな?

いつも同じセリフのはずだし、でこれだけ日本人が多いホテルなのでこの部分だけでも日本語で言って欲しいです。

そしてラーメンの実演調理。ラーメンは手打ちです。しかし、これは大外れ。麺がかん水の入っていない麺でコシもなく全然美味しくなかった。

ドリンク

まあ標準的な感じでしょうか?

デザート・フルーツ

中国ならでは珍しい果物はなくありきたりものが中心でした。ライチはありましたが。

 

 

「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェ インターメッツォで実際に食べたもの

2日間で自分が食べたものをまとめました。

前述した通り、サラダはまずまず。

大連の緯度は仙台と同じくらいらしいので、普通に新鮮な野菜も収穫できそうです。

和食は味噌汁以外は良い感じでした。

この手の洋食は安心感があります。

実演調理で焼いてもらってもの。良い焼き加減でシンプルな調理ですが、魚自体はあまり美味しく感ぜず。

そして次に頼んだがチキン。

でかい皿にこのチキンは寂しすぎでしょ?

そして打ち立てだけど、かん水が入っていない小麦麺?かなり単調な味でした。

市中ではこれより美味しいものがいくらでもありそうです。

普通の果物たちですが、ライチを食べて少しだけ楊貴妃気分。

飲み物はまあ普通ですか。頼んだ紅茶が薄かったですが。

「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェ インターメッツォ の感想

【「ホテルニッコー大連」の朝食ビュッフェ インターメッツォの感想 】

・和洋中これだけ揃ったビュッフェも珍しい。品揃えだけなら間違いなく一線級。

・とんでもなく広く、良い感じに陽があたり外の景色も見える。雰囲気も良し。

・ただ、素晴らしく美味しいと感じたものは1つもなかった。和食などは味噌汁など日本レベルからするとイマイチ。海外で食べる分には悪くないといった感じか。

・サービススタッフはいてもなかなか気づいてくれない。反面、食事を取りに行っている短い時間中に片付けられた。また実演調理のスタッフもあまり感じが良くない。

 

ホテルニッコー大連その他 / 大連)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
shigeP
海外旅行と海外グルメが大好きなしげPです。今ハマっているのは香港。イギリス留学経験あり。ANAマイラー。これからも好奇心の趣くまま世界中旅したいです。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 海外旅行情報館 , 2019 All Rights Reserved.